■レギュラー業務

   ・顧客情報管理
   ・予約/受付
   ・キャッシャー
   ・技術カルテ

 ■カウンセリング

   ・Style Book
   ・Personal Corner

 ■売上管理

   ・店舗日計表
   ・スタッフ別月報
   ・売上げ順位表

 ■分析

   ・再来店動向
   ・顧客CPM分析

 ■集客アクション

   ・顧客検索
   ・売上げ履歴検索
   ・メール送信
   ・セミオートDM
   ・WEB予約

 ■機能一覧表

 ■パッケージ構成

 ■動作パソコン環境

 ■雑誌掲載広告

 ■ソフトウェア価格

 ■よくあるご質問




動作パソコン環境


 
対応機種 Microsoft Windows2000/XP/vistaが稼働するパーソナルコンピュータ
CPU Intel Celelon1GHz以上 / Intel Pentiam4 800MHz以上
メモリ 本体メモリ 256MB以上(推奨) ビデオメモリ 8MB以上(推奨)
ディスプレイ 本体に接続可能でMicrosoft Windows2000/XP/vistaに対応のディスプレイ
解像度(1024×768以上)
ディスクドライブ CD−ROMドライブ
ハードディスク 200MB(システム使用データ容量) システム安定稼働には全体で 5GB以上(推奨)
マウス Microsoft WindowsMe/98/2000/XP/vistaに対応しているマウス
対応基本ソフト お使いのパーソナルコンピュータに対応のMicrosoft Windows2000/XP/vista
日本語入力システム Microsoft Windows2000/XP/vistaに対応の日本語入力システム
(Microsoft IME 2000以上推奨)
プリンタ Microsoft Windows2000/XP/vistaに対応のプリンタ。
(A4縦・横印刷が可能なインクジェットプリンタをお勧めします。)
その他 データバックアップ用に外付けハードディスク、及びMO/メモリステック等の大容量記憶装置必須とさせていただいております。


美しき風をご使用になる場合、ペン入力のディスプレイですと非常にスムーズに操作できます。
現在、弊社では、ペン入力の株式会社ワコム製CintiQと指タッチにも対応する液晶ディスプレイ(弊社仕入)を推奨しています。

参考)タッチパネルとペンタブレットの比較

タッチパネルは指でタッチするため、ボタン等をタッチできる大きさにしなければなりません。
(通常パネルに比較し一回り大きなボタン等をパネル上に配置します)
そのため、パネル上の情報量が通常パネルと比較した場合に少なくなり、同一の情報を表示する場合は、逆に複数画面のソフト構成にしなければなりません。
結果的に必要情報までたどり着くまでの操作量の増大と、復数画面を考慮しなければならない状況が発生します。
(画面をより大きくしようとする方向性が上記理由によるものです)
ペンタブレットですと通常パネルと同様なサイズでボタン等を設定できます。また、タッチパネル同様直接タッチできる利点があります。






 
 
                     Copyright(c) 2005 ISK All Right Reserved           >>PageTop >>Home