■レギュラー業務

   ・顧客情報管理
   ・予約/受付
   ・キャッシャー
   ・技術カルテ

 ■カウンセリング

   ・Style Book
   ・Personal Corner

 ■売上管理

   ・店舗日計表
   ・スタッフ別月報
   ・売上げ順位表

 ■分析

   ・再来店動向
   ・顧客CPM分析

 ■集客アクション

   ・顧客検索
   ・売上げ履歴検索
   ・メール送信
   ・セミオートDM
   ・WEB予約

 ■機能一覧表

 ■パッケージ構成

 ■動作パソコン環境

 ■雑誌掲載広告

 ■ソフトウェア価格

 ■よくあるご質問





パッケージ構成


  スタンドアローンタイプ(スタンダードプラン)
●構成
・PC × 1台

●特徴
・メインとなるPC1台で全ての業務を行います。比較的小規模の店舗におすすめです。
・web予約 可能

サロン内ネットワーク参照のみ(スタンダードプラン)

●構成
・PC × 2台(複数台)

●特徴
・メインとなるPCと、サブPC数台を店内LANで接続します。クライアントサーバーTypeとの相違点は、登録と更新作業はメインPCのみ可能であるところ。サブPCは、顧客情報、売上、カルテ、受付シートや予約確認などの参照と印刷のみに利用します。レジカウンターに1台、スタッフルームにもう1台といった利用法が一般的です。
・web予約 可能

店内ネットワーク クライアントサーバー構成(ネットワークプラン)

●構成
・PC × 2台(複数台)

●特徴
・メインとなるPCと、サブPC数台を店内LANで接続します。クライアントサーバーTypeでは、メインPC、サブPCともに全ての操作権限が許されます。レジと受付専用、カルテ登録専用、分析専用など、店内の複数箇所に設置していただくことで、データ登録などの混雑防止にも役立ちます。作業工程ポイント管理を行いたい店舗や、スタッフ数が多い中〜大規模店舗におすすめです。
・web予約 可能

多店舗ネットワーク(オーナープラン)
●構成
・複数店舗にてデータを共有するプラン
・web予約 可能

●特徴
組織規模やニーズによって共有方法を選択できます。

@オンラインType(ADSL以上)
→全店にてデータを完全に共有するため、リアルタイム性に優れています。しかし、導入コストとランニングコストが高めなデメリットも。

A記憶媒体(メモリステック等)データ渡しType
→店舗から本部へ、店舗から店舗へメモリステックでデータを渡します。毎日/毎週/毎月と業務形態に合わせたタイミングで本部のデータを更新する方法です。リアルタイム性は欠けますが、インターネット回線を一切必要としないため、ウィルス感染などの心配が有りません。

B電子メールのデータ添付Type
→店舗データを暗号化して、店舗から本部へ、店舗から店舗へ電子メールの添付ファイルとして送受信します。1日に数回送信すれば最新の店舗状況を把握できるでしょう。しかし、支店数が増えると、回線の混雑やメールサーバーの容量オーバーが懸念されます。比較的小規模な組織におすすめです。




 
 
                     Copyright(c) 2005 ISK All Right Reserved           >>PageTop >>Home